東京クリニック

免疫細胞療法やハイパーサーミアによるQOL重視のがんのオーダーメイド治療

免疫療法・温熱療法のご紹介

免疫療法・温熱療法のご紹介免疫細胞療法(または細胞免疫療法)やハイパーサーミア(温熱療法)は、自分の体の防御機構を高める副作用の少ないガンの第4の治療法として それぞれ注目されています。東京クリニックでは、免疫細胞療法とハイパーサーミアを併用することで、 自己の防御機構のバランスを整え、副作用の少ないQOLを重視したがん治療をおこなっています。
しかし、患者さんの現在の体調や今後の治療計画によって、免疫細胞療法やハイパーサーミアをどのようにおこなっていくかは、 一人ひとり違ってきます。特に、がんの標準治療や低用量抗がん剤をどのように組み合わせていくかは重要なポイントです。 当クリニックグループは、それらの諸条件を検討しながら、それぞれの方に最適なオーダーメイドの治療をおこなっていくことをめざしています。
当クリニックグループの免疫細胞療法の特徴は、NK細胞と 細胞傷害性Tリンパ球(CTL)の両者をそれぞれ選択的に培養して治療に使用することができることです。 その他、樹状細胞、活性化Tリンパ球などの治療もおこなっています。また、当クリニックグループでは国内において唯一薬事認可されている高周波加温器であるサーモトロンRF8を導入し、免疫細胞療法や低用量抗がん剤と併用することで、 安全でQOLを重視した日帰り治療をおこなっております。
さらに、当クリニックグループでは専門医によるペインクリニックでがん性疼痛の緩和にも取り組んでおります。 さらに、関連施設「財団法人脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院」(郡山市)でのPET健診や平成20年10月にオープンした「南東北がん陽子線治療センター」 (郡山市)の首都圏における相談・診療窓口にもなっております。
今後どのような選択肢があるのかについて検討するために、まず、現在の状態を相談にいらっしゃいませんか。 相談や治療をご希望の方は、東京クリニックまでご連絡ください。 お話を十分にお聞きするために予約制にて診療をおこなっております。

免疫細胞療法治療費【平成21年5月22日現在】

(税込)

初回診察・相談料 10,500円
診察・相談のみの場合(2回目から) 5,250円

30~50ml採血の場合

NK細胞のみの培養 点滴1回分 241,500円
活性化Tリンパ球のみの培養 点滴1回分 241,500円
NK細胞、活性化Tリンパ球の同時培養
NK細胞
点滴1回分 120,750円
活性化Tリンパ球 点滴1回分 120,750円
合計 241,500円

アフェレーシス(成分採血)の場合

初回時のみ HLAタイピング 31,500円
樹状細胞、CTL、NK細胞の同時培養
樹状細胞(DC)ワクチン
注射1回分  73,500円
CTL(細胞傷害性Tリンパ球)とNK細胞 点滴1回分 241,500円
合計 315,000円
CTL、NK細胞の同時培養 点滴1回分 241,500円
樹状細胞ワクチンのみ 注射1回分 157,500円

※以上、自費治療(税込み)です。尚、治療費のお支払いは採血時にお願い申し上げます。

治療効果

治療効果