東京クリニック

7月より「もやもや病専門外来」を開設します【脳神経外科 中川原譲二医師】

2018.05.25

担当医からのご挨拶:

国立循環器病研究センター(大阪)で「もやもや病専門外来」を担当して参りました脳神経外科の中川原譲二です。
本年7月から、毎月第1土曜日の午後に、東京クリニックにおいて、「もやもや病専門外来」を開設させて頂きます。
1960年代に本邦で見つかった「もやもや病」に対しては、1970年代まで有効な治療法がありませんでした。

 しかし、1970年代に顕微鏡手術が導入され、小児の脳虚血型もやもや病にたいする
脳血管吻合術が国立循環器病研究センター脳神経外科の初代部長、菊池晴彦先生らによって開始されました。
その後、小児、成人とも脳虚血型もやもや病に対する脳血管吻合術の有効性が明らかにされ、
今日では全国各地でこの外科的治療法が行われています。

また、PETやSPECTを用いた脳循環動態の正確な判定とともに、診断や治療の標準化が進みつつあります。
更に、最近になって、成人の出血型もやもや病に対する脳血管吻合術の再発予防効果(有効性)も確認され、
手術適応症例が増えております。

一方、術後の長期生存例や軽快例が増加するなかで、高次脳機能障害の発症が問題となり、
その診断法や対処方法が課題となっています。
また、MRI/MRA検査等の普及によって、無症候型もやもや病が増加していますが、
その自然経過は不明で、今のところ予防的な治療の有効性は確認されておらず、対処方法が課題となっています。

このように、もやもや病では、世代ごと、病型ごとに対処すべき課題が異なるため、
より専門的な診療や支援が必要となります。当外来では、もやもや病の外科治療、
内科治療を数多く手がけてきた経験を基に、関東圏の患者様が安心して治療・療養・生活を
享受できる社会を目指して、診療を行いたいと思います。よろしくお願い致します。

診療予定日:
7月7日午後2:00-5:00
8月4日午後2:00-5:00
9月1日午後2:00-5:00
10月6日午後2:00-5:00
11月10日午後2:00-5:00

予約方法:
 ①電話による診療予約(03-3516-7151)
  初診の方は、他院でのMRI/MRA検査をご持参ください。
 ②メール相談による診療予約(こちら

初診の方で、他院でのMRI/MRA検査を持参出来ない方は、
来院当日のMRI/MRA検査を含め予約日を確定します。